同棲あるある?!同棲で結婚のタイミングを見失った時の解決ステップ6つ!

      2016/10/09

グラサンBOY

スポンサーリンク

同棲をすると結婚が遠のく・・・というジンクスがあるほど、同棲して何年も経つのに結婚の話が出てこない、進まない…(´;ω;`)と悩んでいる女性は多いです。

女性は結婚後に出産することまで考えると、やはりこのままズルズルいくわけにはいかないですよね。

そう思い立ったらやるべきことをまとめてみました。気持ちの整理がしたくなったら読んでみてください^^

①結婚に向けて動かない彼の心境を推察

グラサンBOY

こちらは結婚をしたくて話しているのに、「いつかね~^^」「そのうちね~^^」などとまともに話にとりあってくれない彼・・・。同棲してしまったがために起こる、よくある光景です(経験済)。

なんで結婚してくれないの~?!と嘆きたくもなりますが、今の彼の心理状況を考えてみましょう。

すでに一緒に住んでいる今の生活では、会いたいときに会えないということもないし、時間を決めて待ち合わせすることも必要ない。寝ても覚めても隣にいるし、お互いのクセやいいところ、悪いところもある程度わかっていて、ふたりの生活のリズムやそれを相手に合わせるための自分のスタイルがほぼ出来上がってしまっています。

この状態ってとっても「楽」ですよね。(女性側からしたらこんな風に慣れた相手だからこそ、次のステップに進みたいと思っているのに、ね。)

これがいざ「結婚」となってくると、責任が伴って周囲を巻き込んだ一大事!…面倒だな~、今の状態の方がやっぱ楽だな~心地いいな~ってなってしまっているのが現状です。

結婚の理由となりうる「もっと一緒にいたい」がすでに叶ってしまっているので、それこそ子供でもできない限り、男性にとってこれを打ち破る「きっかけ」がなかなかありません。

この「きっかけ」をつくるしかないんですよね。
でもその「きっかけ」をつくる前に一旦立ち戻って考えたいことがあります。

②自分の気持ちの再確認

makeup

周りのガヤを一旦忘れる

「いつ結婚するの?」「結婚はまだ?」・・・同棲しているがために、事あるごとに家族や友達に聞かれているでしょう。そしてそれは年々多くなっていきます。

でもそれをいつもいつも聞いているうちに、みんなが結婚しろといっているから、結婚しなきゃ・・・という考えにとらわれてしまうことがあります。それを取っ払って自分の気持ちを見つめ直しましょう。

ライフプランを考えてみる

そもそもこれからどんな人生を送っていきたいですか?
結婚はするのですか?出産はしたいですか?あくまで主人公は自分です。

・自分は今いくつで、いつ頃までに何をしたいのか
・結婚はしたいのか(いつ頃?)
・出産はしたいのか(いつ頃?)
・それを叶えていくためにはあとどれくらいあるのか

夢や目標を現実化していくなら、期日や期限を決めて動かなければ、ズルズルだらだらと達成は遠のいていきます。これまでの人生経験で少なからずそう感じたことがみなさんあるのではありませんか?

そのライフプランには彼の姿がある?

ライフプランを考えていったときに、そこに彼の姿が浮かびますか?具体的に言うと、今したいのは「彼との結婚」なのか、「結婚そのもの」なのか、もしくは、「彼がそばにいてくれるならそれでいい(結婚問わず)」のか・・・ということです。

①彼と結婚したい
②(彼とは結婚したいけど)タイミングが合わないなら別の人を探す
③彼とずっと一緒にいられるならそれでいい

④ですでに見切った、ということもあるかもしれませんね…。

要は今の彼が人生を共に歩むパートナーとして必要か、ということを一旦立ち戻って考えてみては?ということなんです。

これをなぜすべきかというと、次にとる行動、「きっかけ」をつくる際の心持ちが大きく変わります。多少大胆に賭けができるか、慎重な行動が必要かということですね。

結婚という形にこだわらないことにするのであれば、「いつか彼から結婚すると言ってくれるかも」という期待だけは残さない方が良いと思います。

③心を決めたら話し合おう

スポンサーリンク

大切な彼と結婚に進みたいのだと、こころが決まればあとは”きっかけ”づくりです。これからのふたりの将来の問題。人に頼るよりは、まずは当事者ふたりで話し合える方がいいですよね。

話し合うときに気を付けたいこと

これまで大事な話をすっ飛ばしてきた彼です。そのせいで、これまで話せなくて溜まってしまったイライラだとか積年の恨み(笑)なるものもあるでしょう。

しかし、ここで感情的になってしまっては、結局趣旨が伝わらないまま余計なケンカを生み、最悪、別れることにもなりかねません。男性は感情的、ヒステリック、論理がない議論を嫌います。

これからも彼と共に歩み、結婚したいことを伝えるのなら

穏やかに
落ち着いて
真剣かつ誠実に
問い詰めない
非難しない
・・・

こんな意識をもって、できるだけ今の自分の心境を伝え、それに対して彼はなにを思い、どうしたいのかということを具体的に聞き出していってはいかがでしょうか。

「いつか」「タイミングが来たら」「そのうち」…これでまたはぐらかされてはいけないのですが、やはり彼に一方的に問い詰める形ではなくて、

私は~~頃までに○○したいと思っているということ、そして大事なのは、ただ結婚したいのではなくて、「あなた」とだから結婚をして家庭を築きたいのだということを心を込めて伝えることだと思います。

しかし穏やかに話し合えても「いつか」のうちは同じことの繰り返しですから、お互いが歩み寄れる点をすり合わせて、しっかり期限を決めることが大切です。

それでも話し合うことができないときは・・・

ああもう!

正直、上で述べたような真剣な話し合いをしようとして逃げる彼なら、今後もなにかと大事なことを話す機会になるたびに繰り返すでしょう。いい加減そこでもう見切ってもよいのでは?と私は思います。

でもイチかバチかなら、最後くらいは多少強引な「きっかけ」をつくってみましょうか。

とはいっても、狙って「でき婚」はやめませんか?

ふたりの意思がもともと「結婚」へ向かっていたのであれば、授かり婚も良さそうです。授かり婚となった結果、後からふたりの決意がついてくるということもあるでしょう。それで幸せに暮らしている家庭ももちろん沢山あります。

しかし延び延びとなった結婚を理由に、女性側だけが望んでこどもを授かり、結果的に結婚ができたとしても、

”大切なことを話し合えないふたり”からは脱却できていません。結婚生活はまだまだこれから長いですよ!

それに、そもそも彼に結婚の意思がなかったら?結婚を避けてきた理由がこどもを育みたくないということだったら?…その後の結婚生活の苦労しか見えてきませんよね・・・?

 

では次から具体的な作戦を考えていきましょう。

④外堀を埋める、家族を巻き込む

抱き合う家族

これまでもお互いさんざん結婚について問われてきたことかと思いますが、やはり互いの両親からの本気の”圧”は響くことも多いようです。

ここからは知恵袋で見つけた事例や意見を紹介していくので、是非、参考にしてみてください。

私も、10年同棲していて、結婚しました。
状況は、相談者様と似たような感じでした。
結果、結婚したのは、義母が結婚式場に積立てをしていて、その式場で食事の試食会があって、行ったのがきっかけだったと思います。

ある、作家さん(男性)は、結婚式場の無料試食会に連れていかれ、結婚式場の人に盛り上げられて結婚しようかな。って気持ちになったと、何かに書いてありました。

 

自分と一緒ですね。ただ、自分は結婚する気がなかったです。(女ですが…)
親から呼び出されていい加減に決めなさい。と言われて結婚しました。(笑)

あなたの親から言ってもらうのも手かも知れませんよ。
「いい加減に結婚して安心させて」みたいな?
そしたら「どうするぅ~」みたいになりませんかね?
あなたばかりがもやもやしてても喧嘩になるだけです。

 

ちなみにうちの旦那も優柔不断w
結婚したのは姑が急に勘違いして結婚の準備を勝手に始めたからなんですw
プロポーズも結納もなければ婚約指輪もないそんな状態でした。
でも、これも我が家にとってはきっかけだったのだと思います。
気がつけば結婚から逃げれない状態にされてましたからw

結婚式場や式の準備など、自分が勝手に始めたら揉めそうなことでも、実の親が親心で進めてくれているとしたら、素直に受け入れたくなりそうですね。

これは割と極端な例ですが、本気で促してもらうことは彼の心を動かすかもしれません。

⑤結婚か別れかの二択を提示!(ダメならすっぱり諦める)

首をかしげる男性

話ができない…となったらもう最後は決断を迫るしかないですよね。。。

同棲中に築かれた安心感のせいで、男性の多くは関係が崩れる危機感への感度も、結婚への夢や理想も薄くなってしまっていることが多々あるので、こうなったら覚悟を決めて二者択一!目を覚ましてもらいましょう。

こちらは迫られた側の男性より

私も同じような経験がありました。嫁とは、16年になります。
結婚の話しが出ても濁し続け8年たった、ある日『結婚するか別れるか、どっちか選んで』と2択を迫られました。

結婚しないなら、早めにやり直さないと、結婚出来なくなる。
結婚するなら、早くして。と
自分に甘えてた部分があるのは、解ってました。
捨てられない安心感と流しても大丈夫だろうーという自信があったのですが、一気に崩れ、不安が出てきたのです。そして結婚しました。

 

逆に迫った側の女性から

私も彼と9年付き合い、同棲5年です。私の彼もそうでしたが、タイミングとかグダグダ言う人は今の環境に満足してるんじゃないですか?
同棲して家事などは彼女がしてくれて、結婚はしてないので責任もそんなに感じない。

私は、「結婚するか別れるか決めて!生ぬるい関係でいるつもりない!」と言って彼に決めてもらいました。

しかし結婚してみて彼に結婚した意識があるかと言われたら今までと変わらないですね。
グダグダしたらどこまでもグダグダです。
彼のタイミングがあるとするならグダグダしたらなかなか変わりません。

上の方の言う通り、グダグダしてたら変わらないし、時間ばかり過ぎていきますよ~!

 

⑥同棲を解消する

空き部屋

結婚か別れかの二択を行動で示した形ですね。

自分の気持ちは伝えるだけ伝えて同棲をやめてみる。すでにもう見切り始めているなら早々に家を出るという選択もあるでしょう。

同棲を解消してみた結果、結婚につながった例は意外とあります。しかしそれはまた逆も然りで、どう転ぶかはわかりませんし、終わってしまえば弁解の余地もないので、そのあたりは胸に据えた上で動く必要があります。

・結婚に結びついたパターン

うちも同棲からの結婚でしたが、ケンカを期に同棲を解消して私が実家へ何も告げず彼(現夫)留守中に帰ったのですが、その際に私の大切さに気づいてくれたようで、迎えに来て謝罪され、両親に「責任持って幸せにします。迎えにきました。」と挨拶してくれました。

 

・再出発となったパターン・・・

交際、同棲11年の2人がいました。
彼女は「今年こそは!」と結婚を望み、彼は「タイミング」を見つける為に仕事を頑張ってました。
しかし、彼女はある日突然に荷物をまとめて家を出ました。彼女なりに彼への「タイミング」のきっかけを作ったのです。11年目の決断でした。
しかし、それは2人を「開放」させてしまいました。彼は半年後に別の人と結婚して子供にも恵まれ、家も建てました。

(以上出典【Yahoo!知恵袋】より引用※前・後略、改行位置の改変あり)

みんなが賛成してくれているお付き合いなら、同棲解消中に家族や友人から援護射撃をしてもらうのも手です。が、これは彼の性格次第では嫌気がさす原因にもなるので、しっかり見極めて行ってください。

最後にもう一度言いますが、同棲解消でどう転ぶかはわかりません。別れる可能性を考えた覚悟が決まってから動くことをお勧めします。

まとめ

ふたりの歯ブラシ

 

●自分の気持ちを固める
彼と結婚したいのか、結婚そのものがしたいのか、一緒にいられればいいのか

●穏やかに真剣に話し合う
・「”あなた”とだから家庭をつくりたい」ということを誠意をもって伝えてみる
・期限を決める

●大事な話ができない彼なら決断を迫るか見切ることも必要

●彼と結婚、または次の出会いへ向けて勇気をもって動き出そう!

以上、同棲で結婚迷子になってしまった時の行動についてお伝えしてみましたが、いかがでしたでしょうか。私も経験者につき、つい熱が入ってしまいました(;’∀’)

大切なのは、今悩んでいる自分の気持ちを整理して次に進むことです。それができないうちは何も変わりません。時間は待ってくれません。(たぶん、心の底ではそうわかっているから悩むんですよね。)

こころが決まったら動き出して、次のステップへ歩みを進めましょう!あなたの決断を応援しています^^

スポンサーリンク


 - 同棲の悩み