松方弘樹の事実婚相手は遺産相続できる?山本万里子と結婚しなかった理由とは?

      2017/04/24

スポンサーリンク

1月21日、俳優の松方弘樹さんが脳リンパ腫によってお亡くなりになったとの訃報がありました。

(※報道がなされたのは2日後の1/23)

 

私が松方弘樹さんの訃報を知ったのはとくダネ!を観ていたときで、松方さんの懐かしの映像にもずっと見入ってしまったのですが、

印象的だったのが、内縁の妻・事実婚の相手とされる、山本万里子さんの独占インタビューです。

 

当時は不倫略奪愛の愛人ということで大バッシングされたそうですが、彼女が事実婚のまま看病を続け、最後を看取られたそうですね。

 

その独占インタビューでもすでに心が決まっていたのか、凛として気持ちを告白される姿は格好よく、美しく見えました。

 

こんな風に書くと「お前は不倫肯定派か!」突っ込まれそうですが、それはまた別の話。

18年もの歳月をともに過ごした実績があることを知った上で観たからそう見えているのか、当時リアルタイムで観ていても同じように感じたかは、自分でもわかりません。

 

前置きが長くなりましたが、

松方弘樹さんと山本万里子さんが事実婚のまま入籍に至らなかった理由は、

中高年の再婚が事実婚になるケースが多い理由と同じものがあるのでは?

と思い、今回はそのあたりを書いていこうと思います。

 

事実婚や内縁の妻は生命保険の死亡保険金受取人になれない?養子縁組や遺言という裏ワザも

松方弘樹さんについて

松方弘樹プロフィール

松方弘樹画像(出典)松方弘樹 公式ブログ-GREE

本名 目黒浩樹(めぐろこうじゅ)
生年月日 1942年7月23日
没年月日 2017年1月21日
(満74歳没)

出身地 東京都
血液型 A型
身長 173cm

父 近衛十四郎(時代劇俳優)
母 水川八重子(女優)
弟 目黒祐樹

もっと知りたい方はこちらもどうぞ。
松方弘樹 -Wikipedia-


松方弘樹 公式ブログ-GREE

 

私が知ってるのは、”遠山の金さん”とか”元気が出るテレビ”あたりの中年期以降ですが、

『ザ・芸能人!』という感じの豪快さと寛大さ、憎めない感じのお人柄に、とても好感を持っていました。

 

趣味の釣りで一本釣りされたマグロに高値がついてニュースになったこともありましたね。

最高で437万円にもなったとか!

趣味を極めているところもカッコ良かった。

 

そして俳優としてももちろん、演技が上手くて格好良くてステキでした。

とくに時代劇での殺陣や立ちまわり。

今あのレベルでの所作をこなせる俳優さんがどれだけいるでしょうか。

昭和の名優がまたひとり逝ってしまわれたこと、とても残念に思います。

 

心よりご冥福をお祈りしています。

 

●松方弘樹主演 大河ドラマ 勝海舟 総集編matsukata

【Amazon】

【楽天】

松方弘樹の結婚歴と
子供の数

松方弘樹さんは数々の浮名を流した昭和きってのモテ男で、報道にあがった女性だけでも、夏子さん、仁科亜季子さん、千葉マリアさん、山本万里子さん、と4人います。

これだけでも大した数ですが、きっと報道されてない女性もいるんじゃないですかね(笑)。

※(笑)が気になった方はすみません。
生前の松方さんのキャラクターを思うと、あんまりじっとりした書き方はしたくないなと。

 

仁科さんとの交際・結婚で、前妻の夏子さんに払った慰謝料が3億!という当時の最高慰謝料額だったり、

千葉マリアさんとの隠し子が発覚したときの謝罪会見では、

そのすでに2年前(子供ができたことがわかったとき?)に仁科さんに激怒され、パイプカットをしたという告白をされたり、と

松方さんの女性遍歴はなにかとお騒がせだったようです。

 

以下、結婚歴や子供の数についてまとめてみました。

 

以降、敬称略で失礼致します。

 

松方弘樹の結婚歴

1968 元モデルの夏子結婚

1977 仁科亜季子との不倫発覚

1979 夏子と離婚

(7ヶ月後)仁科亜季子結婚

1987 女優・千葉マリアとの間に2歳になる隠し子発覚

1991 仁科亜季子に”子宮頸がん”が発覚、公表

1998 山本万里子との不倫発覚

(1ヶ月後)仁科亜季子離婚

 

以降、山本万里子とは籍を入れず、内縁関係(事実婚)のまま18年をともに過ごす

 

※仁科亜季子は松方弘樹との結婚を期に芸能界を引退。当時の芸名は「仁科明子」。
1998年に離婚後、芸能界復帰を期に旧芸名「仁科明子」から「仁科亜季子」に芸名を変えた。本名は「仁科章子」。

 

松方弘樹の子供とその数

最初の妻の夏子との子供は3人

・目黒大樹(めぐろだいじゅ)
・目黒なち
・目黒なえ

※親権は松方弘樹

仁科亜希子との子供は2人

・仁科克基(にしなまさき)
・仁科仁美(にしなひとみ)

※親権は仁科亜希子

千葉マリアとの子供は1人

・十枝真沙史(とえだまさし)

※松方弘樹は子供を認知
※認知せず経済的援助をすることで合意との報道もあり

 

松方弘樹の事実婚の妻
山本万里子とは

事実婚の妻ってメディアに報道されるときはいつも、「内縁の妻」とか「事実婚相手」とか「パートナー」とされて、なかなか「事実婚の妻」とは言われないのが、

なんかやっぱりまだ法律婚以外は「妻」でも「夫」でもないと見なされているのかなぁなどと、すこし残念に思ったりしています。

なのであえてここでは「事実婚の妻」としてみました。

失礼。余談でした。

 

【関連】

事実婚や内縁の妻の定義や違いとは?長く同棲している彼をなんと呼ぶ?

 

山本万里子の画像

山本万里子とくダネ①※とくダネ!2016年1月23日放送分より引用 ©フジテレビ

ひと目見て、今風というか、今の時代でも好まれそうな美人だなぁと思いました。

 

山本万里子について

世間的に松方弘樹と山本万里子の交際が明らかになったのは、仁科亜季子が週刊誌への告白をしたことがきっかけのようですね。

当時、山本万里子は26歳で、松方弘樹は56歳30歳差の不倫関係でした。

交際発覚当初は松方弘樹には離婚の意思がなかったのですが、仁科亜季子の固い意志でふたりは離婚。

 

山本万里子とのなれそめは、松方弘樹が祇園の高級クラブに勤めていた山本万里子を見初め、交際を開始。

松方弘樹は山本万里子の芸能界入りをバックアップしたとも言われていて、

TBSの人気ドラマだった「HOTEL」の第4シリーズでは共演を果たしています(松方が支配人で山本はルームメイト役)。

 

交際が発覚してからの山本万里子は、やはり女優としては表街道を歩くことはできず、

事実上引退の形となったようです。

 

山本万里子のインタビューや取材記事から思ったことなど

とくダネ!の番組内で再放送されていた交際発覚当時のインタビューでは、

冒頭にも少し書きましたが、山本万里子さんは自分の想いを淡々と話されていて、芯の通った、しっかりした女性に見えました。

 

フジテレビ独占取材で語っていたこと

インタビュアーに奧さんや家族のことは考えなかったのかと問われ、

「こういうご家族のある方と、こういう関係でいることの…罪深さというか。本当に申し訳ないことをしました」

という反省をされている気持ち。

 

さらに松方さんの存在については

「どういう関係になろうと、ずっと、尊敬し続けると思います」

と答えていて、

「子供がいたらいいのにな、と思ったこともある」

とも告白されていました。

※松方弘樹は先の浮気でパイプカット済

 

最後は「別れるかもしれないし、どういう関係になるかはわからない」という話をしていましたが、結果的にはその後も18年に渡って関係は続きます。

17年後の女性自身の取材で
語っていたこと

松方弘樹の脳リンパ腫の報道が出たときに、ふたりが未入籍のままであることについて問われていて(2016年3月頃)、

山本万里子は自分の決意を力強く語っていました。

松方弘樹山本万里子画像山本万里子(43)、松方弘樹(73) 2016年当時

 

「そうですね、確かに私たちは入籍も挙式もしていません。いっしょに暮らすようになって、すでに十数年になります。

長年喜びも悲しみも分かち合い、夫婦としての実感も十分にあります。

私もいろいろと仕事を持っていますし、松方には最後まで俳優人生を貫いてほしいと思っています。

たとえ入籍しなくても、私は妻として、ずっと松方を支えていくつもりです」

※画像、文ともにlivedoor NEWS より引用
©女性自身/光文社

 

長きに渡って夫婦としての生活を送ってきたふたりが、結婚に至らなかった理由にはどういったことがあったのでしょうか。

松方弘樹が山本万里子と再婚に至らなかった理由とは

 

松方弘樹自身が以前トークイベントで自虐的に語ったと言われている理由として、

「介護要員になるのが嫌だからといって、(山本万里子に)再婚をしてもらえない」

といったものが見られましたが、

これはあくまで表向きの理由だったのではないかと思います。

 

本当の理由に当たる部分は、一般の中高年が事実婚を選ぶ理由にも通じるところがあるなと思い、今回記事にしてみました。

 

ひとつは前の家族(今回だとお子さん含む仁科さん側)への気遣いの部分。

 

そして中高年の事実婚、とくに『バツあり・子持ち・(財産持ち?)』の方の事実婚の大きな理由にもなりやすいのが、遺産相続時まで想定した家族への配慮です。

 

事実婚では遺産相続がない(できない)

スポンサーリンク

おふたりが付き合い始めた頃や結婚を考えた頃の話になるので、松方さん山本さん側の視点で書いていきますね。

 

事実婚ならば相続問題から解放される

通常、結婚(婚姻・法律婚)している夫婦のどちらかが亡くなった場合、

妻、もしくは夫には、法定相続分として、亡くなった人の遺産の2分の1を受け取れる相続権があります。

これが事実婚(内縁関係)となると、一切の相続権がありません。

どんなに寄り添ってお世話をしていたとしても、法律上は配偶者とはみなされないからです。

 

松方弘樹と山本万里子の事実婚には

”財産目当ての結婚”のように無用に騒がれたくなかった

こんな理由があるように思います。

 

松方弘樹は、同じ店に居合わせただけの一般客にまで食事を奢るような、一晩に使った金額が2000万とも言われているような、豪快な振る舞いで有名な芸能人でした。

そのため、今どれだけの資産が残っているのかはわかりませんが、一般のサラリーマンに比べたらそれなりの資産をお持ちのことでしょう。

 

松方弘樹と山本万里子は30歳もの年の差があったので、18年前当時でも、常識的に考えて松方弘樹の方が先に亡くなることは明白。

 

交際発覚当時にふたりが再婚したとしたら、山本万里子は不倫交際そのものだけでなく、

「どうせ財産目当ての結婚でしょ」というバッシングも受けてたでしょう。

 

また先に触れたように、松方弘樹には、山本万里子以外との女性にすでに6人の子供がいます。

もし、再婚をした上で松方弘樹が亡くなった時の遺産分割は、山本万里子に2分の1、

その残りの2分の1を6人の子供が分け合うことになるため、

もし亡くなれば、松方弘樹を介さず、その子供たちとの協議をする必要ができてくるのです。

しかも相手にするのは1家族だけではありません(苦笑)。

 

自分が亡くなった後の面倒事に山本万里子を巻き込みたくない

という松方弘樹の配慮があったのではないでしょうか。

 

山本万里子にしてもすでに大きなバッシングを受けて疲弊していたでしょうし、

ただ彼と穏やかに日々生活できるだけのお金があれば、とくに求めるものもなかったのではないかなと私は思います。

 

事実婚の相続は生前贈与か遺言で

この項目の詳細についてはまた詳しく書きたいと思いますが、

事実婚(内縁)関係では先程書いたとおり、

お互いに対して法定相続人にはなれないので、別の形で財産を分けていくほかありません。

 

ひとつが生前から少しずつ贈与していく形。

もうひとつが遺言書。

ちなみにどちらの場合でもやはり法的な配偶者ではないため、法律婚の妻や夫より税金が多くかかります。

事実婚での財産相続は基本的にこのような形しかありません。

 

おわりに

いくつかの報道、特にテキトーなことばっかり言ってるネットニュースでは、

「山本万里子も巻き込んでの遺産分割となって相続問題は荒れるだろう」

のように書かれていて、そこに大きな疑問を感じました。

 

とくにコメント欄があるものなんかは、無知な読者が好き勝手言ってて酷かったですね。

 

ひと騒動ありそうな子供たちの相続問題に、

「ずっと看病をして最後を看取ったのは自分だから遺産をよこせ!」

と彼女が言い出すようには見えないし

もし言ったとしても、お伝えしたように山本万里子さんにはもともと相続の権利はないのです。

 

大切な人を失って気を落とされている方を、むやみに傷つけるのはやめてほしいなって思います。

 

「なんで籍を入れないの?」という熟年カップルがもし身近にいたら、

もしかしたらこんな理由もあるかもしれない、というのもそっと考えてみてください。

 

(追記)

FRIDAYの2017年2月10日号(1/27発売)に、今回予想していた事情がほぼそのまま明らかになっていました。

 

松方弘樹が山本万里子さんと事実婚のままであった理由については

籍を入れてしまうと、6人の子供達との間で遺産相続等で揉めるかもしれないと考えたから

ということ。

 

そして山本万里子さんに対しては

山本さんには自分がいなくなった後も困らないよう、かなりの額のお金を渡していた

とのこと。(生前贈与)

 

この記事を書いたときはまだ個人的な予想でしかなかったのですが、フライデーの報道で見る限りは事実のようなのでここに追記しておきます。

 

 

松方弘樹さんのご冥福を心よりお祈りします。

 

 

【関連】

「ファミリーヒストリー」の再放送日はいつ?松方弘樹追悼回のまとめと感想

事実婚や内縁の妻は生命保険の死亡保険金受取人になれない?

 

スポンサーリンク


 - 事実婚(内縁)のお金, 事実婚の悩み, 事実婚の有名人